共同研究について

調和系工学研究室では、ディープラーニング、ニューラルネットワーク、機械学習、遺伝的アルゴリズム、データマイニング、ビッグデータ解析等の人工知能技術の応用について数多くの企業と共同研究を行っています。

共同研究を始めるにあたっては、共同研究企業の抱える課題を明らかにし、共通のゴールを設定するところから始めます。

その後、研究室が保持する研究成果、ノウハウをベースにディープラーニング用コンピュータを駆使してその課題の解決方法や製品化、事業化の核となる技術について研究を行っていきます。

得られた研究成果は共同研究企業と共有するだけでなく、学術界、産業界に広く発信したり、知財化を行って共通のビジネスに結びつけたりすることを目指します。

調和系工学研究室との共同研究にご興味がある企業の方はお気軽にお問い合わせください。

共同研究の事例

  • 株式会社ホンダ技術研究所様との共同研究。ニューラルネットワーク、遺伝的アルゴリズムを用いて複数デバイスの協調制御について基礎研究を実施。

共同研究、研究成果提供の実績

株式会社本田技術研究所、日立ソリューションズ東日本、株式会社クレスコ、リコーソフトウエア株式会社、サイジニア株式会社、アルビド・ジャパン株式会社、エースチャイルド株式会社、クリエーションライン株式会社、産業技術総合研究所、日本ステージ株式会社、株式会社キャンパスクリエイト、北海道ガス株式会社、株式会社北海道新聞社、株式会社調和技研、株式会社ノーステクノロジー、株式会社トヨタレンタリース札幌、株式会社アジェンダ、NPO法人札幌チャレンジド、北海道札幌視覚支援学校、総務省、北海道観光振興機構、他

北海道大学大学院情報科学研究科 情報理工学専攻 複合情報工学講座 調和系工学研究室のウェブサイトです。