2005年度

調和系工学研究室の2005年度の研究業績です。各業績について、質問等がある方はお気軽にお問い合わせください。

雑誌論文(英語発表)

  • Mitsuyoshi Nagao, Hidenori Kawamura, Mashito Yamamoto and Azuma Ohuchi:Analysis of Circular Tour Activity Based on GPS Log,Information and Communication Technologies in Tourism 2006, SpringerWienNewYork, pp. 87-98 (2006)
  • Takatomo Honda, Masahito Yamamoto and Azuma Ohuchi:Automatic Classification of Websites based on Keyword Extraction of Nouns,Information and Communication Technologies in Tourism 2006, SpringerWienNewYork, pp. 263-272 (2006)
  • Takashi Kataoka, Hidenori Kawamura, Koichi Kurumatani and Azuma Ohuchi:Distributed Visitors Coordination System in Theme Park Problem,Lecture Notes in Computer Science 3446, Massively Multi-agent Systems in Public Space, pp. 335-348 (2005)
  • Koichi Kurumatani, Tkahiro Yamamoto, Hidenori Kawamura and Azuma Ohuchi:Market Micro-Structure Analysis by Multi-Agent Simulation in X-Economy – Comparison among Technical Indices,Information Sciences, Vol. 170, No. 1, pp. 65-74 (2005)
  • Hajime Saito, Makoto Nishimura, Arimasa Ogasawara, Takashi Maeda and Azuma Ohuchi:Hokkaido Sculpture Web and Its Educational Application,Information and Communication Technologies in Tourism 2006, SpringerWienNewYork, pp. 59 (2005)
  • Naoto Takahashi, Atsushi Kameda, Masahito Yamamoto and Azuma Ohuchi:Aqueous Computing with DNA Hairpin-Based RAM,DNA Computers (DNA10), Lecture Notes in Computer Science, Vol. 3384, pp. 355-364 (2005)
  • Hidenori Kawamura, Hisao Kadota, Masahito Yamamoto, Toshihiko Takaya and Azuma Ohuchi:Motion Design for Indoor Blimp Robot with PID Controller,Journal of Robotics and Mechatronics, Vol. 17, No. 5, pp. 500-508 (2005)
  • Masashi Furukawa, Michiko Watanabe and Yusuke Matsumura:Local Clustering Organization (LCO) Solving a Large-Scale TSP,Journal of Robotics and Mechatronics, Vol. 17, No. 5, pp. 560-567 (2005)

雑誌論文(日本語発表)

  • 長尾 光悦, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東:GPSログマイニングに基づく観光動態情報の獲得,観光情報学会誌, Vol. 1, No. 1, pp. 38-46 (2005)
  • 佐藤 博信, 村上 仁, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東:顧客指導型予約メカニズムによる新電子予約システムの開発,観光情報学会, Vol. 1, No. 1, pp. 64-70 (2005)
  • 川村 秀憲, 小野寺 将輝, 大内 東:部分的完全調査モンテカルロ法の提案とTACエージェントの意思決定への応用,情報処理学会論文誌, Vol. 46, No. 12, pp. 3218-3227 (2005)
  • 古川 正志, 渡辺 美知子, 松村 有祐:局所クラスタリング組織化法によるTSPの解法,日本機械学会論文集C編, Vol. 71, No. 711, pp. 3189-3195 (2005)
  • 川村 秀憲, 大内 東:ネットワーク外部性の働く製品市場のモデル化とプレゼント戦略の評価,オペレーションズ・リサーチ学会論文誌, Vol. 48, pp. 48-65 (2005)
  • 本田 崇智, 山本 雅人, 大内 東:観光インターネットディレクトリ構築に向けたWebサイトの自動分類,観光情報学会, Vol. 2, No. 1, pp. 49-57 (2005)
  • 川村 秀憲, 角田 久雄, 山本 雅人, 高谷 敏彦, 大内 東:ホバリング制御に基づくエンタテイメントバルーンロボットの開発,知能・情報・ファジイ学会論文誌, Vol. 17, No. 2, pp. 203-211 (2005)

国際学会発表

  • Naoki Iimura, Masahito Yamamoto, Fumiaki Tanaka, Atsushi Kameda and Azuma Ohuchi:Stability evaluation method of DNA tile structure,The Eleventh International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB11th), Beppu (Japan) (2006)
  • Yutaka Kita, Satoshi Kashiwamura, Atsushi Kameda, Masahito Yamamoto and Azuma Ohuchi:Data Manipulation of DNA Relational Database,The Eleventh International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB 11th ’06), Beppu (Japan) (2006)
  • Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto and Azuma Ohuchi:Multiagent Simulation of Customer-driven Reservation Adjustment Mechanism,Proceedings of the 9th Japan and Australia Joint Workshop on Intelligent and Evolutionary Systems 2005, Hakodate (Japan) (2005)
  • Takashi Senda, Azuma Ohuchi, Tai Takahashi, Jiro Okochi and Kiyoshi Takamuku:Structural Modeling of ICF Assessment Code – Classification of activity codes,Proceedings of the 9th Japan and Australia Joint Workshop on Intelligent and Evolutionary Systems 2005, Hakodate (Japan) (2005)
  • Yusuke Matsumura, Hidenori Kawamura and Azuma Ohuchi:Desirable Design Methodology for Queueing Networks,The First International Workshop on Artificial Computational Economics & Social Simulation 2005, Hakodate (Japan) (2005)
  • Mitsuyoshi Nagao, Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto and Azuma Ohuchi:Development of Tourism Activity Analysis System Based on GPS Log Data,IFORS2005 (17th Triennial Conference of the International Federation of Operations Research Societies) , Hawaii (USA), pp. 46 (2005)
  • Masahito Yamamoto, Hidenori Kawamura and Azuma Ohuchi:A Location-based Search Engine for Official Web-sites,IFORS2005 (17th Triennial Conference of the International Federation of Operations Research Societies), Hawaii (USA), pp. 46 (2005)
  • Azuma Ohuchi:Tourism research in Japan,IFORS2005 (17th Triennial Conference of the International Federation of Operations Research Societies), Hawaii (USA), pp. 46 (2005)
  • Hajime Saito and Azuma Ohuchi:Construction of Community Web for Art Tourism,IFORS2005 (17th Triennial Conference of the International Federation of Operations Research Societies), Hawaii (USA), pp. 46 (2005)
  • Fumiaki Tanaka, Atsushi Kameda, Masahito Yamamoto and Azuma Ohuchi:Specificity of Hybridization between DNA Sequences Based on Free Energy,Proceedings of The 11th International Meeting on DNA Computing, London, Ontario (Canada), pp. 366-375 (2005)
  • Satoshi Kashiwamura, Masahito Yamamoto, Atsushi Kameda and Azuma Ohuchi:Experimental Challenge of Scaled-up Hierarchical DNA Memory,Proceedings of The 11th International Meeting on DNA Computing, London, Ontario (Canada), pp. 396 (2005)
  • Takashi Kataoka, Hidenori Kawamura, Koichi Kurumatani and Azuma Ohuchi:Effect of Congestion Reduction with Agents’ Coordination in Theme Park Problem,Proceedings of the 4th IEEE International Workshop WSTST’05, Muroran (Japan), pp. 245-254 (2005)
  • Mitsuyoshi Nagao, Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto and Azuma Ohuchi:GPS Log Mining Method for Tourism Activity Analysis,Proceedings of the 4th IEEE International Workshop WSTST’05, Muroran (Japan), pp. 285-294 (2005)
  • Koji Nishikawa, Hidenori Kawamura and Azuma Ohuchi:Entropy and Mutual Information Analysis of Collective Behavior in Slime Mold Model,Proceedings of the 4th IEEE International Workshop WSTST’05, Muroran (Japan), pp. 316-323 (2005)

国内学会発表

  • 長尾 光悦, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東:GPSログからの周遊観光行動の推定及び分析,情報処理学会第68回全国大会, 東京, pp. 345-346 (2006)
  • 松村 有祐, 川村 秀憲, 大内 東:待ち行列ネットワークの複雑ネットワーク理論を用いた最適設計,日本オペレーションズ・リサーチ学会春期研究発表会, 東京, pp. 204-205 (2006)
  • 松村 有祐, 川村 秀憲, 大内 東:リンクコストを考慮しない待ち行列ネットワークの最適設計,情報処理学会研究報告, Vol. 2006-ICS-1, 小樽, pp. 1-8 (2006)
  • 本田 崇智, 山本 雅人, 大内 東:カテゴリーに特徴的な名詞の抽出と利用によるWebサイトの自動分類,第5回情報科学技術フォーラム(FIT2006), Vol. 2, 福岡, pp. 77-79 (2006)
  • 本田 崇智, 山本 雅人, 大内 東:キーワード分析によるWebサイトの分類手法の提案と実データへの適用に関する研究,観光情報学会第3回全国大会, 函館, pp. 24 (2006)
  • 本田 崇智, 山本 雅人, 大内 東:キーワード分析によるWebサイトの分類手法の提案と実データの適用に関する研究,第22回ファジィシステムシンポジウム, 札幌, pp. 723-726 (2006)
  • 山本 雅人:DNAタイルによる自己組織的ナノ構造制御,第4回情報科学技術フォーラム(FIT2005),イベント企画チュートリアル「分子計算の仕組み」, 東京, pp. 7-11 (2005)
  • 川村 秀憲, 山本 雅人, 本山 恵子, 大内 東:地域の公式サイト検索「オフィシャルゲート」の開発とデータ分析,観光情報学会 第2回全国大会, 沖縄, pp. 7-7 (2005)
  • 斉藤 一, 西村 誠, 大内 東:北海道彫刻Webの開発,観光情報学会 第2回全国大会, 沖縄, pp. 7-7 (2005)
  • 長尾 光悦, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東:GPSログに基づく観光動態のモデル化,観光情報学会 第2回全国大会, 沖縄, pp. 8-8 (2005)
  • 長尾 光悦, 川村 秀憲, 杉谷 茂, 岸野 裕, 渡久地 明, 剣持 勝, 森本 伸夫, 土屋 敦司, 大内 東:大規模自然災害地近郊観光地における風評被害の実態とその対策に関する研究,観光情報学会 第2回全国大会, 沖縄, pp. 8-8 (2005)
  • 本田 崇智, 山本 雅人, 川村 秀憲, 大内 東:Webサイトの自動分類に向けた特徴抽出とキーワード抽出に関する研究,観光情報学会 第2回全国大会, 沖縄, pp. 8-8 (2005)
  • 山本 雅人, 柳森 利宣, 孫田 茂樹, 北山 憲武, 川村 秀憲, 大内 東:宿泊施設自己点検評価プロジェクトの活動報告,観光情報学会 第2回全国大会, 沖縄, pp. 9-9 (2005)
  • 飯村 直記, 山本 雅人, 田中 文昭, 亀田 充史, 大内 東:自由エネルギーを用いたDNAナノ構造形成のための塩基配列設計,第4回情報科学技術フォーラム (FIT2005), 東京, pp. 371-373 (2005)
  • 田中 文昭, 亀田 充史, 山本 雅人, 大内 東:自由エネルギーに基づいた塩基配列設計に関する研究,第4回情報科学技術フォーラム (FIT2005), 東京, pp. 375-377 (2005)
  • 柏村 聡, 山本 雅人, 亀田 充史, 大内 東:DNAを記憶素子として用いた分子メモリの開発と大容量化に関する検討,第4回情報科学技術フォーラム (FIT2005), 東京, pp. 367-369 (2005)
  • 北 豊, 柏村 聡, 亀田 充史, 山本 雅人, 大内 東:DNA分子を利用したリレーショナルデータベースの開発,第4回情報科学技術フォーラム (FIT2005), 東京, pp. 21-23 (2005)
  • 片岡 崇, 川村 秀憲, 車谷 浩一, 大内 東:エージェント間の意思共有を用いた混雑情報によるサービス施設への動的な負荷分散効果,第6回SICEシステムインテグレーション部門講演会, 熊本, pp. 807-808 (2005)
  • 飯村 直記, 山本 雅人, 田中 文昭, 亀田 充史, 大内 東:DNAタイル構造の安定性評価法,情報処理北海道シンポジウム2005, 江別, pp. 126-127 (2005)
  • 本田 崇智, 山本 雅人, 川村 秀憲, 大内 東:Webサイトの自動分類に向けた特徴分析とキーワード抽出に関する研究,情報処理学会研究会報告, 軽井沢, pp. 1-4 (2005)
  • 長尾 光悦, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東:GPSログからの周遊型観光行動情報の抽出,情報処理学会研究報告会, Vol. 2005-ICS-1, 軽井沢, pp. 23-28 (2005)
  • 皆川 良弘, 川村 秀憲, 山本 雅人, 高谷 敏彦, 大内 東:超音波センサを搭載した室内バルーンロボットにおけるトポロジカルマップの自動生成,Proceedings of the 2005 JSME Conference on Robotics and Mechatronics (ROBOMEC2005), No. 05-4, Kobe (2005)
  • 川村 秀憲, 角田 久雄, 山本 雅人, 高谷 敏彦, 大内 東:T-Engineシステムを搭載した室内用バルーンロボットの開発と飛行制御,Proceeding of the 2005 JSME Conference on Robotics and Mechatronics (ROBOMEC2005), No. 05-4, Kobe (2005)
  • 高谷 敏彦, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東:飛行船ロボットプラットホームの開発と自立飛行制御,第43回飛行機シンポジウム, 名古屋, pp. 77-77 (2005)
  • 本田 崇智, 山本 雅人, 川村 秀憲, 大内 東:キーワード抽出によるWebサイトの自動分類と特徴抽出に関する研究,北海道情報処理シンポジウム2005, 江別, pp. 102-103 (2005)
  • 皆川 良弘, 川村 秀憲, 山本 雅人, 高谷 敏彦, 大内 東:室内飛行船ロボットの自立充電システムの開発,北海道情報処理シンポジウム2005, 江別, pp. 60-61 (2005)
  • 松村 有祐, 川村 秀憲, 大内 東:待ち行列ネットワークにおけるトラヒック遅延を最小化するトポロジー設計,北海道情報処理シンポジウム2005, 江別, pp. 146-152 (2005)
  • 片岡 崇, 川村 秀憲, 車谷 浩一, 大内 東:待ち行列ネットワークにおけるユーザの意思共有を取り入れた複雑情報システムの効果,日本ソフトウェア科学会 ネットワークが創発する知能研究会 第1回ワークショップ WEIN2005, 伊東, pp. 82-88 (2005)
  • 松村 有祐, 川村 秀憲, 大内 東:トラヒック遅れを生ずるネットワークのトポロジー設計,日本ソフトウェア科学会 ネットワークが創発する知能研究会 第1回ワークショップ WEIN2005, 伊東, pp. 141-146 (2005)
  • 皆川 良弘, 川村 秀憲, 山本 雅人, 高谷 敏彦, 大内 東:自律充電に向けた室内バルーンロボットのドッキング制御,AFO’05 in Hakodate, 函館, pp. 14-17 (2005)
  • 松村 有祐, 川村 秀憲, 大内 東:トポロジー探索により得られる複雑ネットワークの特徴解析,合同エージェントワークショップ&シンポジウム2005 JAW2005, 箱根, pp. 447-452 (2005)
  • 皆川 良弘, 川村 秀憲, 山本 雅人, 高谷 敏彦, 大内 東:室内バルーンロボットにおける自立充電のドッキング制御,エンタテイメントコンピューティング部門講演会, 千葉, pp. 1-5 (2005)
  • 山本 雅人, 飯村 直記, 田中 文昭, 亀田 充史, 大内 東:DNAタイルによる計算論的ナノテクノロジー,第28回日本分子生物学会年会 シンポジウム「ナノバイオテクノロジー・分析から構築の科学へ」, 福岡, pp. 40-40 (2005)

その他

  • 山本 雅人:デューク大学にみる大学人としての誇り,北海道大学大学院情報科学研究科 IST NEWS, No. 3, pp. 1-1 (2005)

北海道大学大学院情報科学研究科 情報理工学専攻 複合情報工学講座 調和系工学研究室のウェブサイトです。