2004年度

調和系工学研究室の2004年度の研究業績です。各業績について、質問等がある方はお気軽にお問い合わせください。

雑誌論文(英語発表)

  • Satoshi Kashiwamura, Masahito Yamamoto, Atsushi Kameda, Toshikazu Shiba and Azuma Ohuchi:Potential for enlarging DNA memory: the validity of experimental operations of scaled-up nested primer molecular memory,Biosystems, Vol. 80, No. 1, pp. 99-112 (2005)
  • Fumiaki Tanaka, Atsushi Kameda, Masahito Yamamoto and Azuma Ohuchi:Design of nucleic acid sequences for DNA computing based on a thermodynamic approach,Nucleic Acids Research, Vol. 33, No. 3, pp. 903-911 (2005)
  • Hidenori Kawamura, Koichi Kurumatani and Azuma Ohuchi:Modeling of Theme Park Problem with Multiagent for Mass User Support,Lecture Notes on Artificial Intelligence, Vol. 3012, pp. 48-69 (2004)
  • Fumiaki Tanaka, Atsushi Kameda, Masahito Yamamoto and Azuma Ohuchi:Thermodynamic Parameters Based on a Nearest-Neighbor Model for DNA Sequences with a Single-Bulge Loop,Biochemistry, Vol. 43, No. 22, pp. 7143-7150 (2004)
  • Satoshi Kashiwamura, Atsushi Kameda, Masahito Yamamoto and Azuma Ohuchi:Two-Step Search for DNA Sequence Design,IEICE TRANSACTIONS on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol. E87-A, No. 6, pp. 1446-1453 (2004)
  • Keiko Motoyama, Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto and Azuma Ohuchi:Design of Action-value Function in Motion Planning for Autonomous Blimp Robot,IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systemes, Vol. 10, No. 124, pp. 1930-1937 (2004)
  • Hidenori Kawamura, Takashi Kataoka, Koichi Kurumatani and Azuma Ohuchi:Investigation of Global Performance Affected by Congestion Avoiding Behavior in Theme Park Problem,IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems, Vol. 10, No. 124, pp. 1922-1929 (2004)
  • Tomohisa Yamashita, Yuichi Sasaki, Hidenori Kawamura, Koichi Kurumatani and Azuma Ohuchi:Emergence and Stability of Key Currency in Artificial International Trade,Journal of New Generation Computing, Vol. 23, No. 1, pp. 13-22 (2004)
  • Hidenori Kawamura, Yasushi Okada, Koichi Kurumatani and Azuma Ohuchi:A Study on Effects of Market Systems in an Artificial Market,Journal of New Generation, Vol. 23, No. 1, pp. 23-32 (2004)
  • Derrel Blain, Max Garzon, Soo-Yong Shin, Byoung-Tak Zhang, Satoshi Kashiwamura, Masahito Yamamoto, Atsushi Kameda and Azuma Ohuchi:Development, Evaluation and Benchmarking of Simulation Software for Biomolecule-based Computing,Natural Computing, Vol. 3, No. 4, pp. 427-442 (2004)
  • Atsushi Kameda, Masahito Yamamoto, Hiroki Uejima, Masami Hagiya, Kensaku Sakamoto and Azuma Ohuchi:Conformational Addressing Using the Hairpin Structure of Single-Strand DNA,DNA Computers (DNA9), Lecture Notes in Computer Science, Vol. 2943, pp. 219-224 (2004)

雑誌論文(日本語発表)

  • 古久保 真実, 大内 東, 森本 伸夫:医療サービスの継続的改善支援となる病院成熟度モデル(MMHF)の提案 -MMHFの構築方法-,医療情報学, Vol. 24, No. 3, pp. 363-371 (2005)
  • 古久保 真実, 大内 東, 森本 伸夫:医療サービスの継続的改善支援となる病院成熟度モデル(MMHF)の提案 -MMHFの利用方法と検証-,医療情報学, Vol. 24, No. 3, pp. 373-380 (2005)
  • 川村 秀憲, 車谷 浩一, 大内 東:コージェネレーションの普及が電力市場の価格形成に与える影響に関するマルチエージェント分析,電気学会論文誌, Vol. 126-C, No. 6, pp. 956-965 (2005)
  • 角田 久雄, 川村 秀憲, 山本 雅人, 高谷 敏彦, 大内 東:カメラ搭載型バルーンロボットシステムの開発とPD制御による位置制御の実現,情報処理学会論文誌, Vol. 45, No. 6, pp. 1715-1724 (2004)
  • 仙田 崇, 大内 東:要介護度一次判定アルゴリズムの特徴分析,情報処理学会論文誌, Vol. 45, No. 6, pp. 1725-1733 (2004)

国際学会発表

  • Koji Nishikawa, Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto and Azuma Ohuchi:Qualititative Analysis of Self-organizing multiagent Interaction with Entropy and Mutual Information,Proceedings of The 10th International Symposium on Artificial Life and Robotics, Oita (Japan) (2005)
  • Masaki Onodera, Hidenori Kawamura and Azuma Ohuchi:Evaluating a solution of Tour Planning Problem based on the partially exhaustive exploration Monte Carlo Method,Proceedings of The 10th International Symposium on Artificial Life and Robotics, Oita (Japan) (2005)
  • Takashi Matsumoto, Hidenori Kawamura and Azuma Ohuchi:CPU Resource Double Auction System with an Anonymous Protocol,Proceedings of The 10th International Symposium on Artificial Life and Robotics, Oita (Japan) (2005)
  • Yutaka Kita, Atsushi Kameda, Masahito Yamamoto and Azuma Ohuchi:Design of Soccer-ball-shape DNA Molecules and Preliminary Experiments in Vitro,Proceedings of The 10th International Symposium on Artificial Life and Robotics, Oita (Japan) (2005)
  • Hisao Kadota, Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Toshihiko Takaya and Azuma Ohuchi:PID Orbit Motion Controller for Indoor Blimp Robot,Proceedings of The 10th International Symposium on Artificial Life and Robotics, Oita (Japan) (2005)
  • Naoto Takahashi, Atsushi Kameda, Masahito Yamamoto and Azuma Ohuchi:Aqueous Computing with DNA hairpin-based RAM,Preliminary Proceedings of the Tenth International Meeting on DNA Based Computers (DNA10), Milan (Italy), pp. 50-59 (2004)
  • Atsushi Kameda, Keisuke Hashimoto, Masahito Yamamoto and Azuma Ohuchi:Probabilistic State Transition Model based on PCR,Preliminary Proceedings of the Tenth International Meeting on DNA Based Computers (DNA10), Milan (Italy), pp. 448-448 (2004)
  • Hisao Kadota, Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Toshihiko Takaya and Azuma Ohuchi:Vision-Based Positioning System for Indoor Blimp Robot,Proceedings of 5th IFAC/EURON Symposium on Intelligent Autonomous Vehicles (IAV2004), Lisbon (Portugal) (2004)
  • Hisao Kadota, Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto, Toshihiko Takaya and Azuma Ohuchi:Vison-Based Motion Control of Indoor Blimp Robot,Proceedings of The 4th International Conference on Advanced Mechatronics -Toward Evolutionary Fusion of IT and Mechatronics-(ICAM’04), Asahikawa (Japan) (2004)
  • Takashi Kataoka, Hidenori Kawamura, Koichi Kurumatani and Azuma Ohuchi:Distributed Visitors Coordination System in Theme Park Problem,Proceedings of International Workshop on Massively Multio-Agent Systems, Kyoto (Japan), pp. 105-119 (2004)
  • Mitsuyoshi Nagao, Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto and Azuma Ohuchi:Acquisition of Personal Tourism Activity Information Based on GPS Log Mining Method,Proceedings of the Fifth Asia-Pacific Industrial Engineering and Management Systems Conference, Gold Coast (Australia) (2004)
  • Hajime Saito, Masashi Nakatsugawa, Masahito Yamamoto, Hidenori Kawamura, Saburo Nakano, Nobuo Hashimoto and Azuma Ohuchi:A Study on Digital Archive For Field (Outdoor) Sculpture on Constructing Hokkaido Sculpture Web,Proceedings of the Fifth Asia-Pacific Industrial Engineering and Management Systems Conference, Gold Coast (Australia) (2004)
  • Masahito Yamamoto, Hidenori Kawamura and Azuma Ohuchi:Efficient Collection Method of Official Websites by Robot Program,Proceedings of the Fifth Asia-Pacific Industrial Engineering and Management Systems Conference, Gold Coast (Australia) (2004)
  • Hidenori Kawamura, Masahito Yamamoto and Azuma Ohuchi:Multiagent Analysis of Customer-Driven Reservation System,Proceedings of the Fifth Asia-Pacific Industrial Engineering and Management Systems Conference, Gold Coast (Australia) (2004)

国内学会発表

  • 斎藤 一, 西村 誠, 大内 東:アートツーリズムを支援するコミュニティWebの構築に関する考察,情報処理学会第67回全国大会, 東京 (2005)
  • 川村 秀憲, 本山 恵子, 山本 雅人, 大内 東:宿泊施設の公式サイト検索エンジン「オフィシャルゲート」の開発について,情報処理学会第67回全国大会, 東京 (2005)
  • 小野寺 将輝, 川村 秀憲, 大内 東:部分的完全調査モンテカルロ法の提案と不確実性を含むプランニングへの適用,電子情報通信学会技術研究報告, Vol. 104, No. 726, 札幌, pp. 1-6 (2005)
  • 森 康真, 川村 秀憲, 大内 東:社会性昆虫の反応閾値強化モデルを用いた適応的ネットワーク資源割り当てに関する研究,電子情報通信学会技術研究報告, Vol. 104, No. 726, 札幌, pp. 13-18 (2005)
  • 松本 崇志, 川村 秀憲, 大内 東:参加者の匿名性を考慮したCPUリソースオークションシステムの提案,電子情報通信学会技術研究報告, Vol. 104, No. 727, 札幌, pp. 37-42 (2005)
  • 今川 孝博, 川村 秀憲, 大内 東:マルチエージェントによるメタ評価を導入したレビュア創発モデルに関する研究,電子情報通信学会技術報告, Vol. 104, No. 727, 札幌, pp. 43-48 (2005)
  • 片岡 崇, 川村 秀憲, 車谷 浩一, 大内 東:エージェントの意思を取り入れた混雑情報の提示とその効果,電子情報通信学会技術報告, Vol. 104, No. 727, 札幌, pp. 79-84 (2005)
  • 斎藤 一, 西村 誠, 大内 東:アートツーリズムを支援するコミュニティWebの構築,電子情報通信学会技術研究報告, Vol. 104, No. 728, 札幌, pp. 31-36 (2005)
  • 西川 浩司, 大内 東, 高橋 泰, 大河内 二郎, 高椋 清:ICFアセスメントコードの構造モデリング,第24回医療情報学連合大会 CD-ROM版講演論文集, 名古屋 (2004)
  • 仙田 崇, 大内 東, 高橋 泰:痴呆度と寝たきり度を用いた要介護度予測に関する研究,第24回医療情報学連合大会 CD-ROM版論文集, 名古屋 (2004)
  • 西川 浩司, 川村 秀憲, 山本 雅人, 大内 東:マルチエージェントが構成するネットワークと相互作用の分析,JAWS2004:合同エージェントワークショップ&シンポジウム2004講演論文集, 軽井沢, pp. 181-188 (2004)
  • 川村 秀憲, 角田 久雄, 山本 雅人, 高谷 敏彦, 大内 東:ホバリング制御に基づくエンターテインメントバルーンロボットの開発,エンタテインメントコンピューティング2004, 函館, pp. 69-74 (2004)
  • 大野 貴司, 中津川 雅史, 山本 雅人, 川村 秀憲, 仲野 三郎, 橋本 信夫, 大内 東:色彩情報を用いた野外彫刻のあいまい検索システムの開発,情報システム研究会IS-04-31~36, 東京, pp. 11-15 (2004)
  • 西川 浩司, 斎藤 一, 大内 東:BSC戦略マップ構造モデリングに基づく戦略策定支援システムの検討,情報システム研究会IS-04-31~36, 東京, pp. 23-27 (2004)
  • 片岡 崇, 川村 秀憲, 車谷 浩一, 大内 東:待ち行列長の予測を取り入れた混雑情報の提示効果,情報処理北海道シンポジウム2004講演論文集, pp. 10-11 (2004)
  • 北 豊, 亀田 充史, 山本 雅人, 大内 東:サッカーボール型DNA分子の設計と基礎実験,情報処理北海道シンポジウム2004講演論文集, pp. 14-15 (2004)
  • 高橋 直人, 亀田 充史, 山本 雅人, 大内 東:DNAヘアピンを利用したRAMによるアクエアスコンピューティング,情報処理北海道シンポジウム2004講演論文集, pp. 16-17 (2004)
  • 角田 久雄, 川村 秀憲, 山本 雅人, 高谷 敏彦, 大内 東:カメラ画像を用いた自律飛行船制御のための位置取得システムの構築,情報処理北海道シンポジウム2004講演論文集, pp. 99-100 (2004)
  • 仙田 崇, 大内 東:要介護認定における新旧一次判定の比較検討,情報処理北海道シンポジウム2004講演論文集, 札幌, pp. 137-138 (2004)
  • 川村 秀憲, 小野寺 将輝, 大内 東:部分的完全調査モンテカルロ法の提案とTACエージェントの行動評価への適用,情報処理北海道シンポジウム2004講演論文集, 札幌, pp. 143-150 (2004)
  • 西川 浩司, 斎藤 一, 大内 東, 高谷 敏彦:BSC戦略マップの構造モデリング,情報処理北海道シンポジウム2004講演論文集, 札幌, pp. 151-152 (2004)

その他

  • 大内 東, 山本 雅人, 川村 秀憲, 北山 憲武:ハンディGPSを用いたレンタカー利用観光客の観光動態調査,ノーステック財団研究開発助成事業研究成果報告書, pp. 161 (2005)

北海道大学大学院情報科学研究科 情報理工学専攻 複合情報工学講座 調和系工学研究室のウェブサイトです。