ご存じない方もいらっしゃるかと思いますが、競輪は経済産業省が監督官庁となっている、民間参入が許されている公営ギャンブルです。

競輪の収益金は、施行者である地方自治体が行う学校の建設、上・下水道、道路の整備等公共施設の整備に役立てるなど、地方財政に大きな役割を果たしていますが、車券購入サイトにはオッズしか並んでいないため初心者には解りにくく、新規ファンの獲得に苦戦しているそうです。

そこで、初心者の車券購入をサポートできるよう、AIがレースの結果を予測して、レース予想記事を自動生成しようとしたのが本研究です。

過去数年分のレース結果と選手情報、そして日々の予想と結果の突合せから深層学習でレース結果を予測していますが、単に「当たりやすい」だけでなく、「そこそこ当たりやすく」「オッズも高め」といった回収率(払戻金額÷投票金額)を高めることに目的を置いています。

レース結果を予測する際には競輪の記事も重要になりますが、全国で毎日60レースほど開催されるため全レースの予想記事を人が書くのは大変な作業です。

そこで、予測AIと説明AIを組み合わせて、文テンプレートに条件に応じた<文字列><選手名><予測順位>を当てはめることによって、必要な情報を含む、人の作る記事に劣らない品質の予想記事をAIに自動生成させ、車券購入サイトに提供しています。

この共同研究は2018年10月17日からAI競輪予想サービス「AI-WIN」として実用化されていて、https://ai.chariloto.com/ にアクセスすると毎日AIが自動的に作っている記事を読むことが出来ます。

人が手をかけて記事を書くことができないといった問題に対して、AIが人の代わりに作文することで協力しています。

本共同研究は情報処理学会より2019年度山下記念研究賞、人工知能学会より2019年度研究会優秀賞、The 22nd Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary SystemsよりBest student paper(2018) を受賞しています。