雪が多く降る地域にお住まいでないと、ロードヒーティングと聞いてもピンとこないかもしれませんが、これは雪かきの省力化のためにボイラーをつけて道路を温めて雪を融かす装置です。

雪の多い北海道では、雪かきをしないと車が動かせなくなるほど積もるので、この雪かきがかなりの重労働になります。

そこで、大きな駐車場が必要な店舗や病院、集合住宅などではロードヒーティングが導入されているところが多くみられます。


従来では、壁に取り付けた水分検知型のセンサが雪の水分を検知してボイラーを動かしますが、これは本来の目的である路面の雪の状態を考慮していないため、うまくいかないケースが多々あります。

雪が融けないことが一番困るので、雪を完全に融かそうと長めにボイラーを動かしてしまい、その分運転コストがかかってしまうのです。

そこで本研究では、カメラで路面を撮影して積雪の有無を判定しました。

路面の一部だけを撮影するのではなく全体像を捉えて判断し、ディープラーニングで学習させていくと、雪がまだ路面にあればボイラーをオンにし、なくなればオフにする制御が可能となります。


3シーズンほど実験を行ってみたところ、性能はそのままで駐車場のロードヒーティングのガス代を約40%から最大50%程度までカットすることができました。

100台規模の駐車場は年間500万円程度のガス代が必要になるので、この装置を使うと年間で約250万円のガス代が節約できます。

これをもし北海道の様々な場所に導入できた場合、節約した燃料代で今まで導入ができなかったところにも導入できるといった道も開けることになり、より私たちの生活が便利で安全になるのではないでしょうか。

本共同研究は人工知能学会より2018年度現場イノベーション賞を受賞しており、現在、北海道ガスを含めて北大発認定ベンチャー企業であるTILで実際にサービス化しようと試作品を作っています。


[ティ・アイ・エル株式会社]

(本サービスにご興味のある方は、お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。)

NEWS

2020-02-15大手企業も注目!北大発ベンチャー
2020-01-21インタビュー/ティ・アイ・エルCTOの永田紘也氏 モノ・サービス、技術でけん引
2020-01-03AIで省エネ融雪 カメラが積雪判断、燃料費4割削減 北ガスと北大開発 20年度にも販売
2019-11-15明日の話題に使えるIT小話
2019-09-25雪国で燃料費を4割減らしたAI活用
2019-06-27ティ・アイ・エル株式会社のAI ロードヒーティングオプティマイザーが人工知能学会の主催する現場イノベーション賞銀賞を受賞