AIが俳句を作る「AI俳句」の普及を目指して、はこだて未来大学の松原 仁教授を会長にお迎えし、本研究室を事務局として2019年7月にAI俳句協会を設立しました。

また、AIが生成した俳句を人が評価して、その評価結果を蓄積・共有するプラットフォームとして、AI俳句協会ウェブサイト( https://aihaiku.org )を開設しました。

AI俳句協会のウェブサイトでは、AIが生成した俳句が表示され、4段階で評価を付けることができます。ユーザ登録をすると、俳句に対する批評や、好みの俳句をまとめた選句集を公開することができます。

現在はAI俳句協会のウェブサイトには当研究室のAI俳句一茶くんのみが登録されていますが、開発者登録をすることで,AIが作成した俳句を1日1句まで投稿することができます。AI研究者の皆さまの参加をお待ちしております。



[AI俳句協会設立の挨拶]

俳句とAIについて考える場としてAI俳句協会を設立して初代の会長を務めることになりました。よろしくお願いいたします。AIの参入によってこれまで人間だけのものであった俳句の世界が広がって新たな地平が切り開かれることを期待しています。ぜひ多くの方々がAI俳句に関わっていただけますようお願い申し上げます。

AI俳句協会 会長 松原 仁(はこだて未来大学)



[AI俳句協会概要]

AI俳句協会は最新の人工知能技術を用いて俳句を生成し、俳句を評価する研究に取り組んでいます。AI研究の観点からは、AIに人と同じような俳句を作ることが目的ではなく、「人とAIが調和して発展する動的システム」を実現するためにAIが本当の知能の獲得することを目指しています。